Vectorの「ミニミニ・セットアップ」で簡単にセットアッププログラムを作成


Vectorでインストーラー作成ソフトが欲しくて「インストーラー」カテゴリーを見ていたら、「ミニミニ・セットアップ」というものがあったのでDL。

ちゃんとインストーラーとして使える。

他のインストーラー作成ツールは管理者権限が必要だったのでこれはうれしい!

最近はバッチファイルをEXEに変換するソフトもあるのでそれのパッケージングにこれを使おう。

広告

VirtualBoxにUbuntuを入れてみた


仮想マシンソフト「VirtualBox(バーチャルボックス)」。

仮想マシンの中でも高性能。

これにUbuntuを入れてみた。

1 ここからUbuntuのRemix版をDL。 Remix版とは通常のものにくらべて機能が追加されている物。

2 VirtualBoxを起動。 「新規」をクリック。

3 「次へ」->名前「Ubuntu」->「次へ」->メモリサイズを選択->「次へ」

4 「既存のハードディスクを使用」->1でDLしたハードディスクイメージを選択->「次へ」->「Create」

5 「設定」->ネットワーク->NATをブリッジアダプタに変更->ストレージ->IDEのディスクのところを選択

6 右のディスクマーク->1でDLしたディスクイメージを選択->「OK」

7 「起動」

あとは画面の指示に従えばOK。

サウンドを流すUtility.jsプラグイン配信!


Utility.jsの2つ目のプラグイン配信!

Utility.jsってなにー?って方はこちら

今度のプラグインは、HTML5 Audioでサウンドを再生。

だが、Audio HTMLタグを追加する必要はない。

JavaScriptだけでもAudioが使える(参考になるサイト)。

soundplay関数の第1引数に音のパスを指定するだけで、簡単に音が流せる。

ロードがあるので少し遅れるけど(初回だけ)。

DL

GitHubのUtility.jsにも同梱した。